MMSとは?

ミサ・ミュージカル・スタジオ(MMS)は、大阪市鶴見区内にあるミュージカル・スクールで、主宰者の田中 みさ(深居 みさ)を中心に、3歳から20代の男女がダンス、歌、芝居などの技術を学び、ミュージカルを通して、肉体的にも精神的にもたくましく、豊かな感性を育てることを目標としています。

子どもたち1人1人の個性を生かし、無限の可能性を引き出せるような、又、明るく・楽しい・本格的なオリジナルミュージカルを制作し、約2年に1回のペースで公演を行っています。
また、本公演のない年は、日頃の成果の発表として、実技発表会も行っています。
公演以外にも、ダンスイベントへの出演や、鶴見区地域で行われるイベントには積極的に参加し、ダンスやミニ・ミュージカルでイベントを盛り上げています。

ミュージカルを通して、自分たちの存在の尊さに気づいてほしい

このスクールを立ち上げてから、日々感じることは、子どもたちの無限の可能性です。
ひとつのミュージカルを作っていく過程の中で、 こんなこと本当に子どもたちだけで出来るのだろうか?と大人が思うことまでも、子どもたちはびっくりするほどの 熱意と努力でやりこなしてしまいます。それは大人になると少しずつ薄れていく、信じる力の違いではないでしょうか?

私は、「努力は必ず報われる」と子どもたちに語り、また子どもたちから 教わっております。
何かを一生懸命やること、努力すること、これは他人から認められるためではなく、自分に認めてもらうためにやることなのだ、とわかったとき、きっと子どもたちは自分を愛し、人生に喜びと希望を持つことが出来るのではないでしょうか。

ミュージカルという舞台芸術を通して、命の尊さ、一生懸命生きることの重要性、人と喜びを分かち合うことの素晴らしさを子どもたちに是非とも伝えていきたいと思っております。

MMSでは「踊ること」「歌うこと」「演じること」の大好きな子どもたちが、 目標をもって、楽しく、厳しく、仲間と共にレッスンに励んでおります。

ミサ・ミュージカル・スタジオ  
主宰 田中 みさ  


沿革

2003年 5月
MMS立上げ
MMSスタジオにてキッズジャズダンス教室を開講。

2003年10月
正和堂2F「カルチャープラザB」教室開講。
生徒数の増加に伴い、教室をMMSスタジオから「カルチャープラザB」へ移動。
年齢別のクラス編成を行い、年齢に合わせたよりきめ細かい指導に変更。

2004年 4月
今福鶴見駅「カルチャーホールI(アイ)」教室開講。
新入生増加に伴い、クラスを再編成詩、教室を増加。
体操指導を導入し、より高度なダンスパフォーマンスを目指す。
MMSスタジオにて ボイストレーニング教室開講。
ダンスだけではなく、ミュージカルとしての舞台を目指し、開講。

2004年 7月
正和堂2F「カルチャープラザB」にて大人の為のジャズストレッチ教室(MMS保護者の要望に応え)開講。
毎週の教室以外にも、幼稚園や学校・PTA、会社組織等の要請で 一日講習会としても開講される。

2006年 4月
企画・制作部設立で新体制スタート。
事務専任スタッフを置き、イベントなど参加を積極的に推進。
正和堂2F「カルチャープラザB」にて基礎バレエクラス開講。
MMSレッスン生で小学生以上が対象のオープンクラスで、バレエの基礎であるバーレッスンを中心に展開。
バレエの美しいフォームを学ぶ。

2007年
公演に向けて演技ワークショップを開催。
外部講師によりいろいろな方式で演技を学ぶ。

2008年 4月
アドバンスクラスを設立。
ミュージカルのプロの育成を目指す。
コヤマスポーツスクールのご協力を得て、体操のワークショップ、集中レッスンを毎月開校し、アクロバット部門を強化していく。

2009年 8月
第四回公演後、MMSスタジオを移転。
ボイスレッスンの環境の充実により、歌唱力の強化を図る。

2010年
関西アクションアクターズ、マット奥井氏のご協力の下、アドバンスクラスは、アクション、剣殺陣のワークショップを毎月受講。

2012年
プロクラス設立。プロ育成とともに、マネージメントも開始。
個々の個性に合う方向性を探求しつつ、歌手、女優、アーティストなど本格育成。

2015年
マネージメントをより充実、発展させるため、株式会社イズム、株式会社エアロスペースと業務提携。

2016年
MMSプロデュースのアクロバティックアイドル「Jeane Maria」を東京アイドルフェスティバルに出演させる。

2017年
MMP(ミサ・ミュージカル・プロジェクト)スタート。本格的ミュージカルのプロデュースを始動。